シンギュラリティ議論で現実味、「死体冷凍保存」で不死を目指す「トランスヒューマニズム」【動画ライター】

視聴回数703,141

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

身体改造カルチャーの最先端の現場を追ってきた当コーナー、今回は、不死を目指す「トランスヒューマニズム」を紹介する。
トランスヒューマニズムとは「テクノロジーによって人類を次の進化の段階に押し上げよう」という思想だ。
たびたび紹介してきた、マイクロチップや電子機器を体内に埋め込む「ボディハッキング」よりも歴史は古く、サイボーグ技術や遺伝子改変などのテクノロジーによる身体改変の自由を主張してきた。
特に「人体冷凍保存(クライオニクス)」の民間科学研究には早くから着手していた。
今回は、冷凍された遺体を保管する巨大タンクが並ぶ、クライオ二クスの現場からのレポートをお送りする。
冷凍した遺体を安置する巨大タンク(アルコー延命財団)
クライオニクスの最古参アルコー延命財団を訪ねる
世界には、クライオニクスを推進する団体がいくつもあるが、最古参のアルコー延命財団は、アメリカ・アリゾナ州に拠点に、1962年のロバート・エッティンガーの著書『不死の展望』をきっかけに、1972年、未来の医療に期待して、遺体を冷凍保存するために設立された。
冷凍保存に際して、人間を生きたまま冷凍することは法律的に難しく、死後2時間以内に遺体の冷凍保存処理を行い、氷点下196度の液体窒素で満たされた巨大タンクに安置している。
タンクひとつで全身なら4体、頭部だけなら45個入る。ナノテクノロジーによる遺体修復が可能になれば、脳だけの保存でも未来に蘇生できるといい、費用は全身2000万円、頭だけで800万円程度だ。現在は183人分が保管されている。(2021年8月現在)