市川猿之助、報道陣から「わびろ」リクエストに渾身の“お詫び”で神対応 『半沢直樹』出演で歌舞伎界に「恩返しできた」

視聴回数146,136

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

歌舞伎俳優の市川猿之助が16日、都内で行われた『東京二八そば』ブランド立ち上げ1周年記念記者発表会に出席した。
 今年思い出に残ったことを聞かれた猿之助は「(コロナ禍で)3月に歌舞伎がなくなるかもしれないということを突きつけられた時の絶望感が一番思い出に残っています。そして、8月に歌舞伎が再開できた時の喜びは、今考えると本当に奇跡的なことだと思います」と感慨深げに振り返った。
 ドラマ『半沢直樹』で伊佐山部長役を務め、話題を呼んだ猿之助。同作の反響について、「(出演したことによって)歌舞伎に興味を持ってくださる方が増えたとしたならば本当にありがたいこと。歌舞伎役者という存在が少しでも知れわたったなら、歌舞伎に恩返しできたのかなと思います」と語った。
 トークコーナーでは、自身が思う“今年の漢字”を聞かれ、「『粛』です。今の僕たちは気が緩んでいるから、来年も気を緩めることなく粛々と気を引き締めていきたい」と発表するも、報道陣から「詫びろ(ドラマ『半沢直樹』でのセリフ)という漢字かと思ったのですが…」と問われた。
 これに猿之助は「基本的に僕は詫びるのは嫌いです。詫びないような人生を送りたい」と返し笑いに。その後も報道陣から「ちょっとだけでも…」とリクエストされると「すみません! 『詫びろ!』は今年で封印しました」とうまく交わしていた。
 発表会には、女優の武田梨奈も出席。黄金比率とされるそば粉8割、つなぎ2割の二八そばを当てる「利きそば体験」などが行われた。