新田真剣佑、三浦春馬さんと過ごした時間は「忘れることはない」 言葉を振り絞りながら思いを明かす

視聴回数315,558

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の新田真剣佑(24)が14日、都内で行われた映画『ブレイブ -群青戦記-』(2021年3月12日公開)製作報告会見に出席。本作に、徳川家康役で出演している三浦春馬さん(享年30)への思いを語った。
 原作は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で2013年から17年まで連載され、シリーズ累計100万部を突破している人気漫画。普通の高校生たちが突然、学校まるごと戦国時代にタイムスリップして、「部活で培った身体能力」と「未来を知る現代人の知識」を生かして戦国の世を生き延びていくストーリー。主人公・西野蒼を新田、ヒロインの瀬野遥を山崎紘菜、主人公を導くことになる徳川家康を三浦さん、織田信長を松山ケンイチが演じている。
 新田は「役者になりたいと思ったきっかけをくれたのが、三浦春馬さんでした。なので、三浦春馬さんとこの映画でご一緒できてうれしかったです」と言葉を振り絞り「一緒にお芝居をしていたあの頃の自分はすごい幸せな体験をさせていただきました。夢だった共演でした」と三浦さんとの時間を振り返った。
 続けて「たくさんのことをこの作品で得ることができました。僕の役者人生にとって大切でずっと忘れられない経験で宝だと思っています。大好きな春馬さんの最高の姿が見られます。この映画を春馬さんにも届けたいです」とまっすぐ前を向き語った。