四千頭身・石橋、体操銅メダル村上茉愛選手へ”同級生”猛烈アピール

視聴回数4,089,476

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

お笑いトリオ・四千頭身の石橋遼大(24)が10日、都内で行われた映画『フリー・ガイ』(13日公開)の公開記念イベントに参加した。
“芸能界を代表するモブキャラ”と名高い(?)石橋をメインに、“脱モブキャラ“を目指す脱モブ応援隊長を務める。相方の後藤拓実(24)と都築拓紀(24)は石橋に対し「誇らしそうしてるけど、ものすごくイジられてるぞ」「バカにされてるんだそ」と苦言。すると石橋は「お前らが個性ありすぎるだけ」と“珍反論”すると、2人を苦笑いした。最近も“モブネタ”は尽きないそうで後藤は「きのうも収録で、石橋がしゃべるぞってなった時に都築が写った。2カメさんが名前を把握してなかった」と暴露していた。
脱モブのためにした行動を問われると石橋は「めちゃくちゃオリンピック見ました」と力強く宣言。東京五輪・体操競技の女子種目別ゆかで銅メダルを獲得した村上茉愛選手(24)と中学時代の同級生だったことも明らかになっている。後藤は「村上さんが銅メダルを取った時にSNSに『僕、実は友だちなんです』って上げた。あれ、めちゃくちゃダサくないですか?」とバッサリ。都築も「友だち何人かとの集合写真で村上さんと自分以外にモザイクをかけていた。村上さんは先頭で、コイツは鬼の後列でした。後ろの後ろの対角線上」と切り捨てる。石橋は「めちゃくちゃ仲がいい」とし、名前も「村上」と呼び捨てでトーク。後藤は「モブが『村上』って呼ぶな」と“注意”し、石橋は「同級生なんで」と自信満々に返していた。
映画は、ヒーローらしからぬ自由奔放なスタイルとクールで過激なアクションで、世界中を魅了した『デッドプール』シリーズのライアン・レイノルズが、何でもアリの《ゲームの世界》を舞台に、今度はありえないほど平凡すぎる“ゲームのモブキャラ”ガイを演じ、普通だけど超いい人なガイが“主人公=ヒーロー”になる姿を描く、アクション・エンターテインメント。