緑黄色社会、映画主題歌「アーユーレディー」楽曲制作の裏側明かす「心からワクワクした」

視聴回数371,242

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の城桧吏、酒井大地、4人組バンド・緑黄色社会(長屋晴子、小林壱誓、peppe、穴見真吾)が4日、都内で行われた映画『都会のトム&ソーヤ』公開記念イベントに登壇した。
 同映画は、平凡でどこでもいそうな中学2年生に見えるが、どんな状況も切り抜けられるサバイバル能力を持つ内藤内人(ないとう・ないと)と、学校始まって以来の秀才と言われ、一大財閥“竜王グループ”の御曹司である竜王創也(りゅうおう・そうや)の対照的なタイプの2人が、“究極のゲーム”を作るため、都会のさまざまな場所を舞台に、推理と冒険を繰り広げる物語。
 本作の主題歌「アーユーレディー」を手掛けた緑黄色社会との対面を果たした城は「初めて聴いたときに、頭の中に内人と創也が思い浮かびました」と自身が演じた役と曲がリンクしたという。酒井も「鳥肌がすごくて、曲を聴いて初めて泣きました。本当にありがたいなと思っています」と感謝した。
 ボーカルの長屋は「河合勇人監督から名指しでお声がけいただいて『好きなようにやってくれ』と言われ、任せてもらえるその気持ちがうれしかったです。作品を見て、心からワクワクしたので、そのワクワクをどのように伝えようか考えました」と曲作りの裏話を明かした。