仮面ライダーゼロワン再集結で名セリフ披露!鶴嶋乃愛は久々のイズ姿に照れ笑い!滅亡迅雷らキャストが役衣装で登場

視聴回数807,118

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

Vシネクスト『ゼロワンOthers仮面ライダーバルカン&バルキリー』(8月27日から期間限定上映&11月10日にBlu-ray/DVDリリース予定)の完成披露舞台あいさつが12日、都内で行われた。
 舞台あいさつには、岡田龍太郎、井桁弘恵、鶴嶋乃愛、桜木那智、中川大輔、砂川脩弥、山口大地、中山咲月、筧昌也監督が参加。この日、キャスト陣は劇中衣装で登場。冒頭のあいさつでは、それぞれが劇中せりふを再現し、会場をわかせた。
 『仮面ライダーゼロワン』完結編となる作品で、仮面ライダーバルカン/不破諫(岡田)、仮面ライダーバルキリー/刃唯阿(井桁)が主人公の物語。イズ役で出演する鶴嶋は「去年の秋ぶりで、この撮影が終わってからは着ていないので…。うれしいですし、楽しい。モジュールもつけて、AIっぽくしないとってなります」と笑顔を見せた。
 本作は前作『ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷』から続く物語。A.I.M.S.の隊長・刃唯阿に対し、国防長官の大門寺は仮面ライダー滅亡迅雷の破壊を命じる。この指令に戸惑う唯阿だったが、仮面ライダー滅亡迅雷も、また次の標的を唯阿=仮面ライダーバルキリーに定めていた。さらに、ZAIAエンタープライズの呪縛から逃れた兵士型ヒューマギア=ソルドたちも、自由を求めてA.I.M.S.との全面戦争に乗り出す。一方、滅亡迅雷.netの4人の壮絶な最期を目撃した不破諫は“真意”に気づき始めていた。あくまで自らの“正義”を貫き、仮面ライダー滅亡迅雷やソルドたちとの戦いを拒み続ける唯阿の運命は。そして、ひとつの覚悟を決めた諫は、仮面ライダーバルカンとして、最後の使命を果たそうとする。