四千頭身・石橋、”脱”モブキャラを目指して体当たりゲーム挑戦

視聴回数280,564

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

お笑いトリオ・四千頭身が10日、都内で行われた 映画『フリー・ガイ』(13日公開)の公開記念イベントに参加した。
“芸能界を代表するモブキャラ”と名高い(?)石橋遼大(24)をメインに、“脱モブキャラ“を目指す脱モブ応援隊長を務める。相方の後藤拓実(24)と都築拓紀(24)は石橋に対し「誇らしそうしてるけど、ものすごくイジられてるぞ」「バカにされてるんだそ」と苦言。すると石橋は「お前らが個性ありすぎるだけ」と珍反論をして、2人も苦笑い。最近も“モブネタ”は尽きないそうで、後藤は「きのうも収録で、石橋がしゃべるぞってなった時に都築が写った。2カメさんが名前を把握してなかった」と暴露していた。
そんな中、石橋が脱モブキャラのためにゲームに挑戦し、妨害役を後藤と都築が務めることになった。映画の劇中に登場するキャラに扮し、後藤はうさみみをつけ、都築はポリス姿で再登場。少しだけ不満げな表情の都築は「まさか、うさぎの選択肢を取られるとは思いませんでした。うさぎと何かがあると、だいたい僕がうさぎなんですけど…。人生で初めてうさぎを取られましたね」とボヤき。まだ、うさみみ姿を見ていないという後藤だったが「いろんなメディアで見せてください」とご満悦だった。
石橋は見事にゲームクリアし「最初は諦めかけたんですけど、諦めずに立ち上がることができてよかった。ありがとうございました」とヒーローインタビューに応じ、後藤から「オリンピックに影響され過ぎだよ」とツッコまれていた。
映画は、ヒーローらしからぬ自由奔放なスタイルとクールで過激なアクションで、世界中を魅了した『デッドプール』シリーズのライアン・レイノルズが、何でもアリの《ゲームの世界》を舞台に、今度はありえないほど平凡すぎる“ゲームのモブキャラ”ガイを演じ、普通だけど超いい人なガイが“主人公=ヒーロー”になる姿を描く、アクション・エンターテイメント。