有村架純、三浦春馬さんのすてきな撮影現場での人柄明かす 柳楽優弥は言葉詰まらせ「雰囲気がすばらしい」

視聴回数855,789

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の柳楽優弥(31)、有村架純(28)、黒崎博監督(52)が6日、都内で行われた青春群像劇『映画 太陽の子』の舞台あいさつに出席。本作で共演した三浦春馬さん(享年30)が現場で見せた“タフな一面”を明かした。
 『太陽の子』は、そのパイロット版と言うべきテレビドラマが2020年にNHKで放送され、大きな反響を呼んだ。太平洋戦争末期に実際に海軍からの密命を受け京都帝国大学・物理学研究室が行っていた「F研究」と呼ばれる新型爆弾開発の事実を基に作られたフィクション作品。
 極秘任務に携わる科学者・修を柳楽、修とその弟がほのかな想いを寄せる幼なじみの世津を有村、修の弟で戦地で心に傷を負った軍人・裕之を三浦さんが熱演。ドラマ版とは異なる視点と結末が加わり、物語は完結する。
 撮影秘話に花を咲かせた柳楽が「印象に残ってることはたくさんあります」と懐かしむと、有村も「撮影合間にいろんな話をしましたね。京都ロケに行ったり…」と振り返った。
 印象的な出来事として「川沿いを僕と三浦春馬くんが一緒に走るシーン」を挙げた柳楽は「春馬くんがタフで体力がすごくて…。僕がなかなか追いつけなかったのがキャラクターとリンクして、僕の中で好きなシーンになりました」とほほ笑みながら話した。
 クランクインした2年前を振り返った有村は「皆さんとても温かい方ばかりで、穏やかな雰囲気のまま撮影が進んでいきました」と笑顔。柳楽への印象を問われると「周りを巻き込む力がすごい方。自ら能動的に動くというより、柳楽さんがそこにいるだけで中心に吸い込まれていく感覚。『空気が変わるってこういうことなんだな』って思いました」と明かした。
 同様に、三浦さんに対しては「また柳楽さんとは違って、個性のある空気を調合して、また新しいものを作ってくれる雰囲気を感じました。春馬さんはどの現場に行っても、みんなが気持ちよく、場が流れていくというか、そういう空気を作れる役者さん何だなと感じました」と感謝するように語り、「2人ともすてきな役者さんでした」とリスペクトのまなざしを向けていた。