RADWIMPS・野田洋次郎、菅田将暉との初コラボ曲「うたかた歌」制作経緯を語る

視聴回数1,083,345

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

ロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎が5日、都内で行われた映画『キネマの神様』の公開記念舞台あいさつに出席した。
 新型コロナウイルスによる肺炎で昨年3月29日に亡くなった志村けんさん(享年70)が映画初主演予定だった本作は、1920年に蒲田撮影所を開所した松竹映画の100周年を記念して製作。
 志村さんの代役を担った沢田研二が無類のギャンブル好きのゴウ。若き日のゴウを菅田が演じ、二人一役で主人公を担当。時代を越えて繰り広げられる愛と友情が描かれ、若き日のゴウが信じた“映画の神様”が時を越えてひとつの家族にある奇跡をもたらすストーリーが紡がれる。
 野田は、映画の撮影所で働くゴウの盟友・テラシン役。山田洋次監督のもと、菅田将暉、北川景子、宮本信子らそうそうたる顔ぶれと共演し「撮影が始まって、山田組に緊張しつつも日々楽しんで。絵空事のように日々が過ぎていった」と振り返った。
 しかし、そんな撮影もコロナ禍で中断。作品の完成も危ぶまれる状況になり、野田は「あんなすてきな経験がなかったことになるかもしれない…」と危惧。その中断期間にデモを書き上げたのが、のちに主題歌となる「うたかた歌」(RADWIMPS feat.菅田将暉)。
 「僕なりに貢献したかった、それが入口でした」と説明した野田。楽曲の印象を聞かれた菅田は「最初は自分が歌うと思わなくて、感謝の気持ちのお手紙ですといわれて渡されたので、本当に感動しました。組全体のムードの中、動き出そうというなかでのもので、確実に現場の空気が思い出されるものでした」と絶賛していた。