菅田将暉、永野芽郁の“キュート伝説”を暴露「かわいいのは知ってたけど…」

視聴回数999,124

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の菅田将暉、山田洋次監督が5日、都内で行われた映画『キネマの神様』の公開記念舞台あいさつに出席。鑑賞したばかりの観客から温かい拍手を浴びた菅田は「(収容人数が)50%ですけど、お客さんがいる状態での舞台あいさつが貴重なので感慨深いですね」と噛みしめるように語った。
 新型コロナウイルスによる肺炎で昨年3月29日に亡くなった志村けんさん(享年70)が映画初主演予定だった本作は、1920年に蒲田撮影所を開所した松竹映画の100周年を記念して製作。
 志村さんの代役を担った沢田研二が無類のギャンブル好きのゴウ。若き日のゴウを菅田が演じ、二人一役で主人公を担当。時代を越えて繰り広げられる愛と友情が描かれ、若き日のゴウが信じた“映画の神様”が時を越えてひとつの家族にある奇跡をもたらすストーリーが紡がれる。
 トークセッションでは、劇中で菅田とともに恋模様を描いた永野芽郁が話題に。改めて印象を問われた菅田は「本当にキュートですよ」と笑顔で話し「かわいいのは知ってたけど、山田さんまでメロメロになってた。あの山田洋次までメロメロにして恐れ多いなって思いました」と明かす。これに山田監督も「とてもかわいらしい、それはとても重要なことですよ」と認め、目を細めていた。
 舞台あいさつにはそのほか、野田洋次郎、北川景子、宮本信子が出席した。