田中圭、サプライズに感涙「ちょっと無理だよ」 山田裕貴はもらい泣き

視聴回数2,497,233

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の田中圭が19日、都内で行われた映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』(公開中)の公開記念舞台あいさつに出席した。この日はキャスト、スタッフからメッセージが書かれたスペシャルフラッグを渡され涙した。
 同作は1998年、長野冬季五輪のラージヒル団体で日本初の金メダルを獲得した岡部孝信、斎藤浩哉、原田雅彦、船木和喜の4選手を裏で支えたテストジャンパーにスポットを当てた実話を描いたもの。田中は、94年リレハンメル大会のスキージャンプ団体で日本代表をけん引するも銀メダルに終わり、長野五輪では代表落選を味わった西方仁也氏を演じる。
 同映画は、1998年長野オリンピック・ラージヒル団体で日本初の金メダルを獲得したスキージャンプチーム〈通称:日の丸飛行隊〉の栄光の裏で、25人のテストジャンパーたちが起こした奇跡の物語を映像化した。
 舞台あいさつにはそのほか、土屋太鳳、山田裕貴、眞栄田郷敦、小坂菜緒(日向坂46)、飯塚健監督も参加した。