山田孝之、嘘トーク連発で佐藤二朗がブチ切れ!?

視聴回数2,138,931

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の山田孝之が19日、都内で行われた映画『はるヲうるひと』絶賛御礼舞台あいさつに、同作でメガホンを取った佐藤二朗監督とともに出席した。「最近ついたウソはありますか?」という質問に、山田は佐藤に関するウソを連発し本人を怒らせた。
 山田は「僕は親が真面目だったから、本当に『ウソだけはつくな!』と言われてきていたので…」「そういう真面目なところで、ショーに呼ばれない」ととぼけると、佐藤監督は「きょう会ってから8割ウソ言ってるよ!」とツッコミ。
 ウソトークは続き山田は「そこが(真面目さが)僕の足かせになっている。だからもっとちゃんとウソとかをついて、人を楽しませられるようにならないといけないですよね」と真顔で話し「車の話していいですか? (佐藤は)車をこの映画儲かって、車を買ったって…」と暴露すると、佐藤監督は「ウソをつくな!」と飛沫対策として2人の間に設置されていた仕切りを蹴る一幕が。
 「初っ端からウソをつくな!」と怒る佐藤監督に山田は「あれ? 時計を外したのですか? だってさっき、両手にロレックスをして」と叩き込むように話すと、佐藤監督は「やめろ!」と仕切りに顔を寄せて一喝した。
 佐藤監督を大金持ちキャラにしたい山田は「そうか、あれですもんね。イメージ。ちょっと庶民的な」とイジると、佐藤監督は「記者の方のきょうの記事を見てみたい!」と山田のウソ連発に困っていた。
 本作は、佐藤監督が主宰する演劇ユニット【ちからわざ】で2009年に初演、14年に再演され、演劇界からも絶賛された舞台を映画化した作品。主演に山田孝之、共演には仲里依紗、坂井真紀らが集結し、約5年を掛けて完成させた。19年度第35回ワルシャワ映画祭の1-2コンペティション部門(長編監督2作目までの部門)に正式出品、第2回江陵国際映画祭(2020年11月5~7日開催)では最優秀脚本賞を受賞した。