これからはAirPodsもスマホもなくさない!紛失防止タグ内蔵のスマートなAirPodsケース「AirBell」

視聴回数482,227

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

「鞄に入れたはずのAirPodsが見当たらない!」…そんな経験はないだろうか。
AirPods用ケース「AirBell」を使えば、AirPodsを紛失するリスクがグッと下がるかもしれない。
このケースは、独自に開発した小型の紛失防止タグが内蔵されている。見た目のスマートさとは裏腹に豊富な機能をもつアイテムだ。
「AirBell」は現在、Makuakeにてクラウドファンディングを実施中。今なら5,460円(税込)から入手可能だ。すでに目標金額を達成しており、2021年10月末までに製品が届く予定だ。
「うっかり忘れ」を防止するアラート機能
「AirBell」はBluetoothでスマホと連携しており、接続が切れるとスマホに通知され、アラームで知らせてくれる。
なお、同様の機能はAirPods自体に備えており、iPhoneなどと同じように「探す」アプリが使える。「AirBell」には、Bluetoothの接続が切れた時点でスマホに通知される機能がある。
https://support.apple.com/ja-jp/HT207581
また逆に、「AirBell」を身に着けていてスマホを置き忘れた場合は「AirBell」がアラームを鳴らして気づかせてくれる。
このアラーム機能は専用アプリからボタンひとつでON/OFFが可能なので、必要に応じて切り替えて使えるのも嬉しいところ。
「どこに置いたっけ?」がなくなる呼び出し機能
紛失時のアラーム機能だけでなく、呼び出し機能もついている。仮にAirPodsのバッテリーがなくても、ケースで呼び出せるのがポイントだ。
コンパクトゆえについ見失いやすいAirPodsも、連携しているスマホから専用アプリの「呼び出し機能」を使えば「AirBell」のアラームが鳴ってその場所を教えてくれる。
また、同様に「AirBell」のボタンを2回押せばスマホのアラームを鳴らすことができ、スマホを見つけることもできる。
・・・
AirPodsとスマホ、両方の紛失防止に役立つ「AirBell」は、忘れ物のモヤモヤから多くの人を解放してくれそうだ。
AirBell
株式会社グリーン大森