スマホメーカーHUAWEIがなんと掃除機を開発!?パワフルサイクロン掃除機「XCLEA P10」

視聴回数122,303

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

在宅時間が増え、家の中のホコリや汚れが以前よりも目につくようになった。
「XCLEA P10」は、スマホメーカーとして有名な、中国・深センに本社を構えるHUAWEIが開発。機能性と使いやすさを重視し、24,000Paの吸引力と3重滅菌を武器に、日本の掃除機マーケットに本格参入する。
世界の情報通信分野を牽引するHUAWEIらしく、スマートホームやエコを意識した、注目のパワフルサイクロン掃除機だ。
スティック掃除機最高クラスの吸引力
「XCLEA P10」の最大の特長の一つは、スティック型のコードレス掃除機では珍しい24,000Paの高い吸引力(真空度)だ。125Wの高性能モーターを搭載し、エネルギー効率を上げることで、吸引力を維持、最大65分のバッテリー持続力、ノイズの軽減まで実現した。
汚れ具合やゴミの大きさに合わせて吸引の強弱をワンタッチで調節可能。微細なゴミでも大きなゴミでも吸引できる。
10個のマルチコーンサイクロンが、竜巻を同時に発生させてチリと空気を分離させることでフィルター詰まりによる吸引力低下の心配もなし。
稼働時の音は、日常のテレビ音量の範囲(70dB)までに抑えられていて、夜に掃除したいときでも安心。
滅菌システム搭載で部屋も掃除機もキレイ
もう一つの特長が三重滅菌システム。
①ボディの内部汚染を防ぐためのイオン抗菌エアダクトを搭載し、吸引途中のアタッチメントに雑菌の繁殖を抑える。
②銀イオン抗菌ローラーブラシを採用し、取り外して洗うことができないローラーブラシを清潔に保ち、カビや臭いを抑える。
③強力な抗菌リアフィルターエレメントで、目に見えない小さなダニやほこりをろ過。掃除中に発生したほこりやウイルスを抑え、部屋の空気を綺麗に保つ。
これら3つの抗菌システム搭載で、掃除機全体の濾過効率は99%、殺菌率は99.99%といい、毎日清潔に掃除が可能という。
多彩なアタッチメントで隅々までキレイ
ローラーブラシや多機能ノズルなど、付属のアタッチメントも充実。フローリングにとどまらず、窓枠やカーテン、天井のホコリなど、あらゆるところを掃除できる。
高い吸引力と、1.65kgの超軽量設計による便利さ、そして長時間使えるので、スマートに掃除できる。
面倒な掃除機内のごみ捨てもワンタッチ。水洗いできるフィルターを採用。機能性と使いやすさを充実させることで、長く使い続けられる掃除機だ。
現在、クラウドファンディングサイトGREEN FUNDINGにて、44,500円(税込)から支援を募集中。2021年10月中旬以降に順次発送予定だ。
・・・
身の回りと部屋の空気をキレイに保てば、在宅勤務でも気持ちよく仕事ができるかも?
XCLEA
セブンシーズパスタ