紙×ペンの組み合わせ、最高の書き心地を追求する文房具「PERPANEP」

視聴回数137,369

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

KOKUYOが紙とペンの相性に着目し、かつてない書き心地を目指して展開している文具シリーズ「PERPANEP(ペルパネプ)」。ラインナップはペンは3種類、ノートは全15種類(紙質3種類・罫線5種類)。ペンとノートが統一された世界観でデザインされており、好みに応じて、用途と求める書き心地が選べる。
“書きたい”気持ちがどんどん膨らんでいきそうなノート
ノートの紙質はTSURU TSURU、SARA SARA、ZARA ZARAの3種類。TSURU TSURUは滑るような軽いタッチで、筆圧が必要ない。
SARA SARAはさまざまな筆記用具との相性がよいオールマイティーな紙質。にじみや裏抜けがしにくくスムースな書き心地だ。
ZARA ZARAは、表面に粗さを残しザラっとした筆感を楽しむことができる。
スピーディーに筆を動かしたい、一文字一文字をていねいに書きたいなど、“どのように書きたいか”でチョイスすると良いだろう。
罫線は3mm・4mm・5mmの方眼罫、4mmの方眼ドット罫、6mmのステノ罫の合計5種類を取りそろえている。どのくらい細かい図を描くか、図と文字のどちらをメインなのかなどを基準に選ぶと良さそうだ。
ノートは共通してA5サイズ・60ページ。開いた際、中央に段差のできないフラット製本で、書く時に手で押さえる必要がない。湾曲による影もできないため、綺麗にスキャンや撮影ができるのが嬉しい。環境に配慮した原紙を使用しているのもポイントが高い。
ノートと相性ぴったりのペンを見つけよう
ペンは3種類の中から選ぶことができる。プラスチックのペン先で筆圧をかけずにするすると書くことができるファインライターは、TSURU TSURUと相性が良い。
水性ゲルボールペンのサラサクリップは、SARA SARAと併せて使うことで筆記性能を最大限発揮する。
万年筆タイプのプレピーは、ZARA ZARAの凸凹な紙面を上手くキャッチしながら書ける指の感触が楽しい。
上記のもの以外にも相性の良い組み合わせもあるので、実際に書いていろいろ試すのも楽しいかもしれない。
現在、Amazon、東急ハンズ、ロフト、コクヨ公式オンラインショップ、全国の取り扱い店舗にて、990円で購入可能。
・ ・ ・
デジタル化の時代だからこそ、手書きするときにはとことん書き心地の良さを楽しむのが乙かも。
PERPANEP
KOKUYO