櫻井海音、初の映画舞台挨拶に緊張「足ガタガタ」 横浜流星が優しく気遣い

視聴回数1,441,752

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

ミュージシャンで俳優の櫻井海音が19日、都内で行われた映画『嘘喰い』(2月11日公開)ジャパンプレミアに登壇した。
 原作は、2006年から18年まで「ヤングジャンプ」(集英社)で連載され、コミックスは49巻まで発売された迫稔雄氏の同名ギャンブル漫画。イカサマも殺しも何でもありな、騙し合いゲームがスクリーンで描かれる。
 本作で銀幕デビューを飾った櫻井が演じるのは、倶楽部賭郎で頂点に君臨しお屋形様と呼ばれる謎の男・切間創一(きるま・そういち)。舞台あいさつも今回が初めての櫻井は、緊張の面持ちも見せながら「お屋形様のミステリアスな感じを存分に出さないといけませんでした。(横浜)流星さん演じる貘(ばく)との対峙は、流星さんの圧だったり、自信を感じました。それに負けたらお屋形様は務まらないので、なんとか食らいつきました。必死でした」と撮影を振り返った。
 横浜は「いい表情をしてました。お屋形様としてそこにいましたし、素晴らしかったです」と櫻井の演技を絶賛し、櫻井も照れ笑いを浮かべていた。
 この日は、佐野勇斗、白石麻衣、本郷奏多、村上弘明、三浦翔平、中田秀夫監督も登壇した。