伊藤沙莉、池松壮亮に暴露されて大爆笑!?「伊藤さんは妖精らしい」

視聴回数1,109,988

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の池松壮亮(31)、伊藤沙莉(27)、クリープハイプの尾崎世界観(37)が23日、都内で行われた映画『ちょっと思い出しただけ』(2月11日公開)東京プレミア上映会に出席した。
 本作は、尾崎がジム・ジャームッシュの名作映画『ナイト・オン・ザ・プラネット』に着想を得て書いた新曲(ナイトオンザプラネット)をもとに、松居大悟監督が脚本から手がけた、“ある1日”だけでさかのぼる、ふたりだけの6年間を描いたラブストーリー。けがでダンサーの道をあきらめた照生(池松)と、タクシードライバーの葉(伊藤)。2人を中心に関わる登場人物たちとの会話を通じて都会の夜に無数に輝く人生たちの機微を繊細かつユーモラスに映し出す。
 久々のド直球な“ラブストーリー”に挑戦する池松は「縁がないもので」と苦笑い。「照れくさいですよね。見られたくないですからね。とても恥ずかしかった」と振り返った。
 伊藤とは「1日にふたつくらい質問をしながら(距離感を)詰めていった」といい、伊藤は「どうやって距離感をとるか難しかったです。緊張して『ラブストーリーは得意ですか?』と聞いたら、『はい?』と返ってきて(笑)。質問を間違えたと思ったんですけど、少しずつ歩み寄れればいいかなと思いました」と、恋愛のように少しずつ距離を縮めて2人の世界を仕上げていったと話した。