“昭和仮面ライダー”村上弘明、ハードなアクション撮影で「本郷くんに助けてもらった」

視聴回数1,228,198

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の村上弘明が19日、都内で行われた映画『嘘喰い』(2月11日公開)ジャパンプレミアに登壇。1979年放送の『仮面ライダー(新)』でスカイライダー/筑波洋(つくば・ひろし)役や、時代劇『必殺シリーズ』『柳生十兵衛七番勝負』などに出演してきた村上が、共演した本郷奏多とのアクション撮影を振り返った。
 原作は、2006年から18年まで「ヤングジャンプ」(集英社)で連載され、コミックスは49巻まで発売された迫稔雄氏の同名ギャンブル漫画。イカサマも殺しも何でもありな、騙し合いゲームがスクリーンで描かれる。
 この日は、横浜流星、佐野勇斗、白石麻衣、本郷奏多、櫻井海音、三浦翔平、中田秀夫監督も登壇した。