元NMB48・吉田朱里の目標「美容界のドン」を目指す!

視聴回数600,417

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

元NMB48でタレントの吉田朱里が26日、都内で行われた『PEACH JOHN BEAUTY ミューズ就任発表会』に登壇した。ランジェリーブランドである同社が“美しいランジェリー姿は、美しいハダカから。”を掲げ、展開するボディーケアライン初の“ミューズ”に輝いた吉田は、「早く言いたくてワクワクしてた。大事な一人目に選んでいただけて本当にうれしく思っています」と笑顔をみせた。
「限定商品を買うくらい大好き」という同ブランドを愛用しているという吉田は「いろんな商品があるんですけど、自分のコンプレックスが好きになれたり、自分自身が変われるアイテムだなと思います。(昨年は)ランジェリーのモデルをさせていただいて、自分がなれるなんて思っていなかった。ファンの方も卒業していい報告ができたらいいな、と思っていた中で、こんなにもすてきなお仕事をいただけてうれしいです」と喜びいっぱいの様子。
ランジェリーをまとったキービジュアルも公開され「改めて見ると恥ずかしい。この撮影のために身体作りもかなり頑張りましたし、自分が好きと思える状態でいけました。かすみ草がきれいでいっぱい用意していただき、ドライフラワーにして今もおうちのあらゆる場所に飾っています。見たら『頑張ろう』と思いますね」と上機嫌で明かした。
美しいバストやヒップが印象的な仕上がりに「運動が本当に嫌いで頑張ることが苦手なので、始めはピラティスを週1くらいから通ったのと、日々のケアを当たり前にしようと。お風呂上がりはビューティーのものをたくさん使いました」と秘けつを伝授。バストケアアイテムは「私はこれで自分のおっぱいが好きになりました。コンプレックスが多かったけど、『自分のおっぱいっていいやん』って思えたので、みなさんに使ってほしいです」とオススメした。
NMB48在籍中から美容系YouTuberとして活動していた吉田。グループ卒業から約1年を経て「ガラッと生活が変わって、今自分がアイドルだったのも嘘みたいに感じるときもある。前の生活があまり思い出せない。グループにいると仲間が常に周りにいてくれたので、初めて一人になって孤独には感じました。でもその分、時間もできたし、今まではアイドルと自分のやりたいことを両立していたが、(現在は)自分のやりたいことだけになって、ちょっと寂しかったけど楽しかった1年です」と本音も交えながら変化を語る。
今年の目標を漢字一文字で「美」と表現した吉田は「卒業して1年、やっぱり私は美容が好き。この先、お仕事で軸としたいのは美容の道。もっと知識も増やしたいですし、ミューズにも就任させていただき、みなさんにより参考になれること、みなさんが輝けるようなヒントを発信させていただけたらいいな」と展望。
「美容界にはたくさんの先輩がいらっしゃって神埼(恵)さんや田中みな実さんが紹介したものはバズって店頭から消える。私もそういう人になりたい。将来は、美容界のドンを目指そうかな。『吉田朱里の言ったものは1秒で売れる』みたいな世界にしたい。その分、自分自身を磨き、より知識を増やしていかなければいけないので頑張ろうと思います」と気持ちを新たにしていた。