近未来のインテリア!?空中に絵が浮かぶLEDホログラムファン「Trekta」

視聴回数190,902

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

「Trekta」は、スターウォーズのようなSF映画に多く登場する3Dホログラム映像を、どこでも簡単に楽しめるLEDホログラムファン。
410×80mmのコンパクトサイズのファンに、224個のLEDライトを搭載したシンプルなデザイン。
大掛かりな工事は不要、専用のメガネも不要なので、部屋のインテリアや展示会のアイキャッチなど、シーンや場所を選ばず、どこでも立体的なホログラムを設置可能。
どこにでも簡単にホログラムを投影
POV(Persistence of vision)という技術と、ハイクオリティモーターを搭載し、ブレード上の224個のLEDライトを高速回転させることで、なにもない空間に高解像度な3D映像や動画、写真を表示させる。
今までの3D映像は、AR、VR、MR技術で再現されており、専用のグラスが必要だったが、「Trekta」は専用のグラスを装着する必要なく、3Dホログラムが楽しめる。
スマホで撮った写真や動画も映し出せる
3Dモデリングソフトを使用した3D映像なら、15秒動画で約23本までアップロード可能。
スマホで撮った動画や写真も、スマホアプリを使ってアップロードすることで、高解像度で投影できる。
投影のための特別な設定は必要なく、スマホアプリや同梱のリモコンで、誰でも簡単に操作できる。さらに、重さわずか0.65kgのプロペラガードを装着すれば怪我の心配もなく、様々なシーンで活躍する。
この画期的なホログラムファンはGREENFUNDINGで17,755円(税込)からプロジェクトの支援が可能で、2021年11月下旬〜12月中旬にかけて発送される予定。
・・・
インパクトのある近未来インテリアで部屋の中をグレードアップしてみては?
Trekta
Y&Y STORE