永久に書き続けられる?サステナブルなインクレスペン「Forever Pen」

視聴回数73,397

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

「Forever Pen」は永遠に書き続けられる素材で作られた超小型のインクレスペン。
銀筆やシルバーポイントと呼ばれる、何世紀も前のペインティングの技術から得たインスピレーションと、最新の材料科学とエンジニアリング技術で開発された。
さまざまな素材に書ける耐久性のあるシルバーチップで、実質的に永久に書き続けられるという。
どこにでも、いつまででも
紙やプラスチック、木材など、その他のさまざまな素材にはっきりと文字や絵をかくことができ、さらに水中でも使用可能。
ペン先は銀の複合材料でできているため、指に跡や汚れが付かない。
通常のインクペンはインクがなくなればそれ以降は使うことができないが、「Forever Pen」はそもそもインクを使っていないので、その心配もなし。
究極のEveryday Carry
大きさは2.5センチ以下でキーチェーンなどに付けて日常的にどこへでも持ち運んで使える。
スリムで滑らかな細部まで洗練されたデザインは、まるでモダンアートを思わせ、重量とバランスを念頭に置いて設計されており、使い心地は抜群。
また、強化シルバーで作られているので、ポイントを使って箱を破ったり、蓋を開けたり、小包を開けるなど、ペンだけでなくマルチツールとしても活躍。
現在、Kickstarterにて、20ユーロ(約3,013円)から支援が可能。2021年8月に全世界に向けて発送される。
・・・
まずは身近なものからサステナブルを意識してみては?