カフェに持ち出せる仕事場? コクヨが考えるPCバッグ&ポーチ「THIRD FIELD」

視聴回数60,457

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

従来のノマドワーカーだけでなく、会社でもテレワークが導入されるなど時代に合わせて働き方が変わりつつある。自宅やカフェ、共用ワークスペースで仕事をする人も少なくないはず。だが、従来のようにオフィスで働く方が作業環境が整備されていたように感じるのではないか?
KOKUYOの新ブランド「THIRD FIELD(サードフィールド)」は、場所や時間を選ばない人に向けて、充実した作業環境を提供してくれる。
効率的な収納と機能性を併せ持ったデザインで、カフェのテーブルが使い慣れたオフィスのように早変わりするという。
「THIRD FIELD」は各商品をAmazonにて販売中。
新時代の働き方に寄り添う
「THIRD FIELD」からは5種類のアイテムが展開されている。仕事に必要なアイテムを持ち運んで、作業スペースに置いてもすっきり仕事ができる設計だ。どれもが収納や機能性にすぐれており、広げた場所を使い慣れたオフィスのようにしてくれるだろう。
「スタンドバックパック」は上下二層構造を採用し、効率的な収納を実現。たくさんあるポケットのおかげでサッと取り出せる。自立していることで、一目で整理場所を確認でき片づけもしやすそうだ。サイズは2種類あり、13.3インチモデルは18,150円(税込)、15.6インチモデルは20,900円(税込)で購入可能。色はネイビーブラックとダークグレーの2種類。ビジネスでも普段使いでも活躍してくれそうだ。
「フラットPCバッグ」は、大きく開くので内容物が取り出しやすい。コードホルダーが付属しており、コードをすっきり収納可能。中身を入れても膨れて見えないスリムな設計となっており、スマートにノートPCを持ち運べそうだ。また、この製品のみ自立しない設計なので注意してほしい。フラットPCバッグは6,380円(税込)で入手可能。色はダークグレーとライトブルー、ベージュの3種類。
「スタンドツールポーチ」は、モバイルツールをまとめて持ち運べるポーチ。スマホスタンドとして使えば、リモート会議にスマホで参加するといった時にも活躍してくれるだろう。スタンドツールポーチは4,400円(税込)で入手可能。色はダークグレーとライトブルー、ベージュの3種類。
「スタンドフォンポーチ」は、スマホを2台入れられるショルダー式のポーチだ。こちらもスマホスタンドになり、IDカード入れなどもある。価格は4,400円(税込)で入手可能。色はダークグレーとライトブルー、ベージュの3種類。スマホをメインに仕事をこなす人は、荷物をコンパクトに整理して使えそうだ。
「スタンドドキュメントバッグ」はインデックス付きのポケットを採用し、書類が取り出しやすい設計。封筒やチケットなど小さめの書類を収納するポケットもあり、かゆい所に手が届くような仕様となっている。立てかけておけるので、書類を見ながら作業しやすいだろう。スタンドドキュメントバッグは3,300円(税込)で入手可能。色はダークグレーとベージュの2種類。
自分の働き方に合ったモノを選ぶことで、仕事をより効率的にこなせそうだ。
・ ・ ・
場所や時間を選ばない新しい働き方をサポートする、コクヨのPCバッグ&ポーチ「THIRD FIELD」。新時代に寄り添ったアイテムで仕事をよりスマートにしては?