神木隆之介、ゲームのやりすぎで親友と朝帰りを暴露 「すごく良い朝帰り」

視聴回数459,378

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の神木隆之介が15日、都内で行われたイベント『ファイナルファンタジー XIV デジタルファンフェスティバル2021』に登場。『FF14』愛を語り尽くすと、その熱量にゲーム担当者と報道陣は圧倒された。
 この日、オンラインゲーム『FF14』ファンイベントのステージコーナー『直樹の部屋』にゲストとして招かれた神木は、実際プレイヤーであることからゲーム愛を熱弁。友人に勧められて2年前から始めたそうで「スキル、敵からの(攻撃の)避け方、バトルのシステムを学びながらでした。夜な夜な、夕方から次の日の朝くらいまで漫喫(漫画喫茶)で、2人でずっとラーメンとか頼みながらやった。ずっと朝までやっていて、『きょうはここまでクリアする!』とやっていました」と振り返った。
 数々のドラマや映画に出演し多忙の神木が、漫画喫茶でオンラインゲームを楽しんでいたということを聞いた同ゲームの吉田直樹プロデューサーは苦笑い。神木は「そのころはPCの環境とか、スペックが整っていなかったので、『環境が整っている場所でプレイをしたいね』ということで、夜な夜なやっていた」とゲームを快適にプレイするために通っていたと説明。続けて「(漫喫に)通っていました、ずっと。朝帰りが多かったです」と打ち明けながら「(敵を)倒した時とか…あ、ごめんなさい」とゲーム愛が止まらないことに照れていた。
 イベント終了後の会見でもゲーム愛が止まらない神木は「きょうは本当に神木として来ていないので。いちユーザーとして来ているので、すみません」とニヤニヤ。『FF』シリーズの召喚獣や呪文が使えるとしたらなにを使いたい?という質問に、「難しいですよね~。う~ん。攻撃と言ってもな~。黒魔道(士)のファイジャとか、夢がある」と悩みながら回答した。