山之内すず、社会福祉への興味を明かす 自身の発信力を活かして「ボランティアをしたい」

視聴回数467,916

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

タレントの山之内すず(19)が19日、都内で行われた全国社会福祉法人経営者協議会『社会福祉ヒーローズ賞』トークショー&フォトセッションに登壇した。“ティーンのカリスマ”として注目を集める山之内だが、実は幼少期から保育や介護などの職業に就くことを考えていたそう。「最近でもコロナ禍での介護施設の内情のドキュメント系をYouTubeでよく見たり、検索している方だと思います」と現在も興味を持っていることを明かした。
 同イベントでは、社会福祉の第一線で活躍する若手職員を表彰する『社会福祉ヒーローズ賞』の受賞者7人のなかから“日本一の福祉人”を決定する全国大会。リモートで中継を結んだ参加者のなかから上馬場鉄矢さんがベストヒーロー賞を受賞した。
 山之内は受賞者によるたくさんのアイディアを聞き、「介護保険が適用されないところでは行動できないとは聞いたことがありましたが、できないからやらない、ではなく、どうやったら一緒にコーヒーを飲めるかなど、一人ひとりに寄り添って考えるのが素敵」と感心しきり。
 保育士を夢見たきっかけについて「大きなきっかけがあったわけではないんですけど、私の育った地域は子供とおじいちゃんおばあちゃんが多い地域で。子供が子供の面倒をみるのが当たり前だった。私が幼稚園の時も、小さい学年の子の面倒をみることも、気づいたらしていたので、あまり考えずに幼稚園の先生になりたいと言っていました。それがただ楽しかったし、その小さい子のお母さんや、先生からほめられるのがうれしかったです」と振り返った。