永野芽郁・広瀬アリス・菜々緒ら豪華女優陣がお互いの印象を告白

視聴回数919,229

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の永野芽郁が22日、都内で行われた映画『地獄の花園』公開記念配信イベントに登場。劇中で、それぞれの役に“異名”があることにちなんで、出演者たちの異名を考えていくコーナーで、小池栄子から「孤高の女戦士・芽郁」と名付けられた。
 小池は「ほんわかしたイメージの方かなと思ったのですが、実際に撮影でご一緒してみて、かっこいい人だなと感じました。アクションの姿勢から本番にいたるまで、現場の居方が、芯が強い」と絶賛。永野は「うれしいですね、ちょっと泣きそうになりました。これからも頑張っていきます」と声を弾ませた。
 一方、永野は広瀬アリスを「重低音のアリス」と命名。「(広瀬がいる)となりの楽屋から、朝から重低音が聞こえてくるんです。どこかでライブあるのかなと思っていたら、となりの楽屋からだったんです」と笑顔で明かすと、広瀬は「はい…めちゃくちゃヒップホップかけていました」と照れ笑いを浮かべていた。