尾野真千子、緊急事態宣言下での主演作公開に号泣 観客を前に涙の訴え「劇場で見てほしい」

視聴回数1,253,692

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の尾野真千子が20日、神奈川県内で行われた映画『茜色に焼かれる』公開前夜最速上映会に出席した。昨年8月に撮影を行い、新型コロナウイルスの影響でさまざまなことが制限される中での封切りに、大粒の涙を流した。
 観客を前にして、締めのあいさつをした尾野は「この映画は私にとって最高の映画です。もう、コロナ関係なく言います。怒られるかもしれないですが、劇場で見てほしいです。みなさんと手と手を取り合って、見に来てほしいんです」と訴えた。
 続けて「みんなで命をかけて撮った作品です。こんな状況で、やりにくい世の中で、私たちの仕事は、もうできないかもしれないと思って。恐怖が襲ってきました」と涙で言葉をつまらせながら話した。
 「でも、こうやってみんなとこういう作品を伝えなければいけないと使命だと思って、スタッフも監督もみんなで紹介してくれた人も命がけでやりました。こんな最高な作品はありません。ぜひぜひ、劇場で見てほしいという思いで作りました。すんません、泣いて。笑って劇場に来てくださるよう、ずっと祈っています。コロナに負けるな! 頑張れ! 頑張ろうね」と振り絞りながら言葉を紡いだ。
 この日は、和田庵、片山友希、石井裕也監督も登壇した。
 尾野が演じるのは、次から次へとやりきれない出来ごとにまみれながら、気丈に振る舞う母親・田中良子。息子の純平を和田、純平が憧れを抱く良子の同僚・ケイを片山、交通事故で命を落とす夫・陽一をオダギリジョー、良子とケイを見守る風俗店の店長を永瀬正敏が演じる。