大久保佳代子、女優業に自虐「スカしてない?」 高畑充希が優しくフォロー

視聴回数188,513

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の高畑充希、お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子、タナダユキ監督が18日、都内で行われた映画『浜の朝日の嘘つきどもと』(9月10日公開)の完成報告イベントに出席した。
『百万円と苦虫女』『ロマンスドール』などのタナダユキ監督が、オリジナル脚本で挑んだ本作は、福島県・南相馬に実在する映画館「朝日座」を舞台に、東京の映画配給会社に勤めていた福島県出身26歳の茂木莉子(本名:浜野あさひ)が恩師との約束である「朝日座」の再建のため、小さな“嘘”をついてでも映画館を守ろうと奮闘する物語。
「朝日座」再建に奔走する主人公・茂木莉子を熱演した高畑は「本当に温かい映画だなと思いました。正直に言うと自分自身の演じたシーンは、冷静に見れない部分が多いのですが、それでも大久保さんはじめ、ほかのキャラクターの方が魅力的で、どのキャラクターも好きになれた。これで全国の映画館が元気になればいいな」とアピールした。
役者の仕事が「年に2回」という大久保は、莉子の高校時代の恩師・田中茉莉子を演じた。「私の女優史上、最もボリュームのある役です」と胸を張る一方で「自分に関していえば『(演技が)スカしてない?』って思っちゃいました」と心配顔。すぐさま高畑が「スカしてないですよ! めっちゃかわいいです、茉莉子先生!」と優しくフォローを入れていた。
また、撮影秘話に花を咲かせると、大久保は「セリフがめっちゃ多いというプレッシャーがあって。セリフを(頭に)入れたら出てくるというサイクルで『これ覚えられるかな…』って」と回顧。
そんな大久保から「セリフをどこまで覚えておけばいいかこっそり聞かれた」と明かした高畑は「(セリフを完璧に)覚えなくて良いパターンもあるかもしれないですね。最悪(目の前に台本を)置いて読んじゃえば」と、アドバイスを送ったといい、笑いを誘っていた。