柳楽優弥の筆さばきを書家・紫舟が大絶賛 「汗かいてきた…」

視聴回数487,919

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の柳楽優弥が13日、東京・両国の江戸東京博物館で行われた映画『HOKUSAI』(28日公開)のトークイベントに出席。一年の公開延期を経て、封切りを迎える本作。江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎を演じた柳楽は「やっぱり今まで経験したことのない延期。こういう時代に『HOKUSAI』という映画の持つ力強さだったり、葛飾北斎の生き方、エネルギーが皆さんに伝わったらいいなと思います」と感慨深げに語った。
 九十年の生涯で描いた作品は3万点以上、代表作「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」は、新千円札のデザインやパスポートに採用されるなど、今なお愛され続けている葛飾北斎。ゴッホ、モネなど名だたる印象派アーティストたちにも大きな影響を与え、米「LIFE」誌の“この 1000年で偉大な功績を残した100人”に選ばれた唯一の日本人でもある。
 イベント前には、同所に展示されている北斎の作品を鑑賞したという。柳楽は「これだけ名作が集結していて、それも本物ばかりで圧倒されました。一つの作品を描く上でもものすごいプロセスがあって、いろいろな人が関わって仕上がってると思います。そういう傑作を目にして、エネルギー、パワーをもらいました」としみじみ話した。