テクノロジーで世界をスローに?ほっと一息つかせてくれる「slowtech」がコンセプトのアートたち

視聴回数76,905

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

オランダ・アムステルダムを拠点とするデザインスタジオ、VOUW。テクノロジーで世界をスローにする「slowtech」をコンセプトにしています。
slowtechなアートたち
花咲く街灯
人が近づくとゆるやかに花を咲かす、「Bloomlight」。風に揺れる草の魅惑的な動きと、光害問題にインスピレーションを受けて作られました。
人が近づくとその方向にゆっくり曲がり、あたたかい光をふらせます。そして人が立ち去るまで追いかけたあと、元の場所に戻り静かに花弁を閉じるのです。
本当の夜空
飛行機から地上を見下ろすと、夜でも街は光り輝いています。その景色は美しい反面、光害という一面も。都会で美しい星空をみることは、ほぼ不可能です。
「Lightbox City Gazing」は全ての街の光を消したら見える星空を再現する作品。昼間は宇宙から見た街の光を、夜になると星空を映し出します。
人をつなぐ椅子
知らない人とのふとした楽しい会話、その日の幸せ度をUPさせてくれますよね。そんな見知らぬ人同士による会話の機会を作り出す「Chairwave」。誰かが座った瞬間その人の隣の席が開き、次の人が座る唯一の選択肢となります。
今の状況が落ち着いた時、ふとした会話のきっかけになりそう。
・・・
より多くの選択肢、より優れた効率性、より速い移動。テクノロジーは私たちに多くの効能を与え、世界を加速させました。
しかし、どこか息苦しさを感じるのは、私だけでしょうか?たまにはゆっくり、ほっと一息ついて今に目を向けてみる。世界の減速もたまには必要かも。