今どきキャンパーの必需品? 自然想いの焚き火台

視聴回数446,707

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

自然を満喫しに行ったキャンプで焚き火をし、緑々しかったところをハゲさせたり、ススで残念な場所にしてしまったりした経験はないだろうか? 最近では直火で焚き火ができるキャンプ場がかなり減ってしまった印象もある。「自然に優しい焚火台」ならば、焚火をした場所の草花は元々あった美しいまま!自然への負荷を最小限に自然を最大限に楽しむことができそう。
自然に優しい焚火台
「自然に優しい焚火台」は薪や炭を置く火床に加えて灰受けのプレートから構成されたダブルレイヤー構造で、火床から溢れる火の粉や熱放射から下にある草花を守ってくれる。
緑を守るのは「二重構造」
焚火の難しいところは如何に火を起こして、燃え続けさせることができるか。火床と灰受けプレートの二重構造は効率的な火起こしとエネルギー利用をしっかりサポートしてくれる。
メッシュステンレスの火床は空気の通り道をしっかり確保して、燃えた後の灰は火床から下の灰受けプレートへと落ちるので、高い燃焼効率を実現している。薪や炭などのエネルギーを大切にするのも自然の恵みに感謝してのこと。
デザインで自然をオモテナシ
「自然に優しい焚火台」はミニマルなデザインが特徴的!焚火台として自然を引き立てるために配慮されたシンプルなデザインで人工物の存在を限りなく薄くした結果のようだ。焚火を通して、自然とのひとときを最大限に楽しんで欲しいという想いがこめられている。
強度も耐久性が高いので、焚火台本体もしっかりと長く使える点も環境への優しさが溢れている。
サステナブルな焚火台で自然を楽しもう
「自然に優しい焚火台」は、Makuakeにてクラファン中。1つあたりの定価は24,800円(税込)だが、今なら10%オフの22,320円(税込)の支援から手に入れられる。 2021年の10月末までに発送の予定だ。
・・・
サステナブルな焚火台を使えば、来た時よりも綺麗にして帰れるかも?
自然に優しい焚火台
we know enough<