布・肌・食品、あらゆる場所に印刷できるハンディプリンター「Hand-Held Mini Printer」

視聴回数55,838

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

自分でデザインしたオリジナルのロゴや撮影した写真などを、色々なものに印刷できたら…なんて考えたことはないだろうか…。今回は様々な素材に印刷可能な、片手に収まるハンディプリンターを紹介したい。
食べ物や肌にも印刷できる
「Hand-Held Mini Printer」は、あらゆるタイプの表面・素材に印刷できるハンディプリンター。プリント面になめらかなローラーを装備することで、平らな面だけではなく、靴、帽子、バッグなど立体面にも300dpiの解像度で印刷できることが最大の特徴だ。また従来のハンディプリンターより大きなインクジェットヘッドを採用し、より大きなパターン(幅25.4 mm)で印刷できる。
インクは2種類あり、それぞれに黒、赤、青、黄色の4色がある。通常のインクは、 非腐食性、水溶性、非刺激性の安全な材料で作られていて肌にも使用可能。ワンポイントタトゥーのようにオシャレを楽しんだり、スポーツイベントなどでボディペイントに使ったりするのも面白い。もう一方のインクは特殊な食用インク。子供のおやつやパーティでのおつまみなどに、文字やキャラクターを印刷して楽しめる。
手のひらに収まり、スマートフォンで簡単操作
本体は、手軽に持ち運べる手のひらサイズ(79 x 55 x 69 mm、185g)。専用のアプリはスマホから好きな画像をアップロードして印刷可能。さらにデザインライブラリも用意されており、何を印刷するか迷わず楽しめる。
850mAhの充電式バッテリー搭載で、最大3時間の連続印刷が可能。インクカートリッジの交換も可能で、A4用紙約400枚分をプリントできる。
執筆時現在、Kickstarterにて支援を募っていて約12,000円より入手できる。追加のインクカートリッジは、通常インクが約4,200円、食用インクが約5,000円。クラウドファンディング終了後は、Amazonにて販売予定で、TecbearsのFacebookからも注文できる。
身に付けるもの全てにオリジナリティを加えて、さりげなく自分をアピールしてみては?
Hand-Held Mini Printer
Tecbears