“バハト”谷口賢志、仮面ライダーファルシオン変身ポーズを生披露! セイバーキャストも大興奮!

視聴回数955,573

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の谷口賢志が10日、都内で行われた『劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本』(18日公開)の完成報告会に出席。
 谷口は『救急戦隊ゴーゴーファイブ』のゴーブルー/巽ナガレ役で俳優デビューすると、数多くの映画やドラマ、舞台などで幅広く活躍。2016年からAmazonプライム・ビデオで配信された『仮面ライダーアマゾンズ』では仮面ライダーアマゾンアルファ/鷹山仁を演じるなど、仮面ライダー・スーパー戦隊シリーズファンにはおなじみの存在となっている。
 本作では不死身の剣士という役どころ。「彼らを1つでも、2つでも上に上げられたらいいなという役。対峙する者が強大であればあるほどヒーローは強くなれる。より強大な敵でいたいと全力でやらせていただいた」と語っていた。
 また、変身ポーズも生披露。間近で見た内藤は「カッコいいし、怖い。現場にいる谷口さんって雰囲気とかオーラがスゴい」と畏怖の念を語ると、谷口は「めっちゃ楽しく話してたじゃん!」とプチ抗議。内藤は「話すと本当に優しい。ギャップがスゴいといつも思っていました」と訂正した。変身ポーズに称賛の声が集まると、谷口は「ありがたいですね。前まで(アマゾンズドライバーの変身)はひねるだけ。憧れていましたので、うれしいです」と笑顔を見せた。「年上として先輩ライダーとして、みんなに背中の一端でも見せられたらと全力でやらせていただいた」と胸を張っていた。
 イベントには、『ゼロワン』チームから高橋文哉、岡田龍太郎、鶴嶋乃愛、井桁弘恵、中川大輔、砂川脩弥、桜木那智、『セイバー』チームから内藤秀一郎、山口貴也、川津明日香、青木瞭、生島勇輝、富樫慧士、岡宏明が参加。また本作のゲスト陣として、伊藤英明、福士誠治、山崎紘菜、谷口賢志が参加した。