松山ケンイチ、木村文乃との思い出シーン「ふたりの世界になれた」

視聴回数625,366

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の松山ケンイチ(36)と女優の木村文乃(33)が10日、新宿バルト9で行われた映画『BLUE/ブルー』公開記念舞台あいさつに登壇した。
本作は、吉田監督が30年以上続けてきたボクシングを題材に、自ら脚本を書き上げ、成功が約束されていなくとも努力を尽くす挑戦者たちの生き様を描いた青春映画。試合に勝てない主人公・瓜田を松山が担当し、強さと才能を合わせ持つ後輩・小川を東出昌大、モテるために始めたボクシングにのめり込んでいく新人・楢崎を柄本時生、瓜田の初恋の人でありながら、いまは小川の婚約者という2人の間で揺れる千佳を木村が演じる。
瓜田が千佳への恋心を感じるようなシーンの撮影で、松山は「僕は間違えないようにということだけを考えていた」といい「カメラってどうしても意識してしまうんですが、文乃ちゃんとあの撮影をしていた瞬間だけは“2人の世界”になれた」とリアルな空間に飛び込んだような感覚があったと振り返った。
続けて「いやらしいとかじゃなくて」と前置きし「2人とも裸でいた感じ」と言うと、客席は微妙な反応に。すると「違うんだって! そういうことじゃないんだって! 着ていたものを脱いだ、邪魔なものがなくなった瞬間に個人的に喜びを感じるので」と比喩(ひゆ)表現への理解を求めた。松山の話を聞いていた木村は「裸だったと思う!」と言い、松山が伝えたかった思いを笑顔で汲んでいた。