広瀬すず、松坂桃李のあいさつを真似しにっこり 作品への想い語る

視聴回数185,457

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の広瀬すず、俳優の松坂桃李が14日、都内で行われた映画『いのちの停車場』(5月21日公開)完成披露試写会に登壇した。
 冒頭のあいさつで松坂が「トイレとか大丈夫でしょうか?」と会場に聞くと最後まで観ていただきたい気持ちから「僕が喋っているときにトイレ行ってください!」と会場の笑いを誘った。日本テレビ系連続ドラマ『ネメシス』にも出演しさらに注目を浴びている広瀬は最後に「私が喋っているときもお手洗いに行ってください」と松坂と同じく笑いを誘った。
 原作は、都内の終末期医療専門病院に勤務する現役医師・南杏子氏の小説。今の日本の長寿社会における現代医療制度の問題点、尊厳死・安楽死などに向き合い、これらに携わる医師、患者、家族が織りなすヒューマンドラマが描かれる。救命救急医として勤務し、とある事情で実家に戻り、在宅医療を通して患者と向き合う白石咲和子を吉永、咲和子を追いかけてきた医大卒業生の野呂聖二を松坂、訪問看護師の星野麻世を広瀬が演じている。