スマホで照準!月までくっきりデジタル望遠鏡「Dwarf Telescope」

視聴回数121,239

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

スマホで簡単に照準を合わせられるデジタル望遠鏡「Dwarf Telescope」。望遠鏡を使って遠くを見るときに、重たい機材の準備や難しい照準の調整はいらないかもしれない。
1,000メートル先までくっきり見える、デジタル望遠鏡
TinyScope CAMの開発したデジタル望遠鏡「Dwarf Telescope」は、スマホと連動して、1,000メートル先までしっかり照準を合わせられる。感覚的な操作方法で撮影や録画もできる。
シンプルなデザインで本体はハンディサイズなので、旅行の時にカバンに入れておけば、ちょっと気になる遠くの場所もばっちり見える。
きれいな理由はレンズにあり
コンパクトなのに遠くまではっきり見える秘密は、ED(色彩低分散)レンズを使用しているため。レンズの焦点距離は約100mmだけれども、これは実は焦点距離673mmのフルサイズのカメラレンズに相当する。微細な動きを兼ね備えるレンズ調整機能で、精密な望遠鏡ライフを楽しめそう。
スマホ接続で簡単操作
「Dwarf Telescope」の特徴は、なんと言ってもスマホと連携できるところ。望遠鏡というとどうしても、様々な設定や専門的な焦点調整などを想像してしまい、素人には少し手を出しにくいかもしれないが、スマホと連動する「Dwarf」ならば簡単スマホ操作でズームや写真の撮影を可能に。レンズに映る景色もスマホから確認できるので、無理な態勢で無理にレンズを覗き込む必要もないかも?
ペットボトルと同じくらいにコンパクト
ペットボトル1本分程のハンディサイズなので、ちょっとした散歩や旅行にも気軽にカバンに入れて持っていけそう。旅先で気になった景色はポータブル望遠鏡でズームしよう。
望遠鏡から見える景色は遥か彼方まで
Dwarf Telescope は、INDIEGOGOにて購入可能。1つあたり定価15,600円だが、12%オフの13,700円で購入可能だ。
・・・
サイズはハンディサイズだけれども、望遠鏡から見える景色は遥か彼方まで。
Dwarf Telescope
TinyScope CAM