八木裕/桧山進次郎/真中満/川端慎吾/新井貴浩などはどうだった?関本賢太郎が語る代打の切り札が絶対に兼務できないこととは!?【元 阪神タイガース】

視聴回数1,195,568

※ 視聴回数について

ラブすぽ

関本賢太郎さんに代打の切り札という立場から、スタメンの選手には分からないであろう事実を語ってもらった。
代打の切り札といわれた歴代の人達、関本賢太郎さん以外だと、八木裕、桧山進次郎、真中満、川端慎吾、新井貴浩など。
これらの人は、打った後にもう守れる力が残っていないはずなのだ。
大げさに言えば、人生をかけて1打席にエネルギーを集中させて使っている。
打席に立った後に守れるなら、もうそれはレギュラー選手として使われるべき。
走塁に関してもそう。
できるなら代走を出して欲しい。
実際に関本賢太郎さんがフォアボールなどで1塁にゆっくり行ける時は、自分が1塁に到着する前に代走がいたこともあったという。