和田一浩が語る落合博満が2011年セ打率&得点数最下位でも中日を優勝に導けた理由とは!?【中日ドラゴンズ】

視聴回数2,172,671

※ 視聴回数について

ラブすぽ

ドラゴンズ黄金時代を築き上げた落合博満監督。
どんな野球だったかを振り返ってもらった。
ズバリ「守り勝つ野球」で勝ったと言っていい。
優勝した2011年なんかは驚きのセ・リーグ打率最下位、得点数も最下位。
そんな成績で優勝することなど普通では考えられない。
その盤石の守備力の要因といえば、終盤で投げた3人。
岩瀬仁紀、浅尾拓也、高橋聡文。
もちろんキャッチャー・谷繁元信の存在も大きかった。
そしてセンターラインは二遊間が荒木雅博と井端弘和のアライバコンビ&センター・大島洋平という鉄壁の守備陣。
とにかく1点差ゲームは守り切って勝つというスタイルで優勝した。
ただ今となって振り返れば、見ているファンの人はツマらなかったかもしれないと和田一浩さん。
バンバン打って点を取るわけではないから、試合展開に華がない。
派手さはないけど、気付けば上位にいるのがドラゴンズという時代だったと当時を思い出してもらった。