伊藤隼太が2015年チームトップの代打打率は.316を残すきかっけとなった「何も言わず、何も指導しない、ずっと黙って見ているだけ」だった今岡誠コーチからの助言とは!?【元 阪神タイガース】

視聴回数1,225,876

※ 視聴回数について

ラブすぽ

伊藤隼太さんが阪神時代の2015年、当時のコーチだった今岡誠に大きな影響を受けたという。
普段、今岡誠は何も言ってこない、何も指摘してくるわけでもない、そんなスタイルのコーチだった。
伊藤隼太さんも「右投げ右打ちで自分とは違う」「今岡誠は天才的なバッターだったので自分とは感覚が違うだろう」と特に指導を仰ごうとは思っていなかったし、特に話したこともなかったとのこと。
しかし、自分のバッティングが不調になった時に、今岡誠と話す機会があった。
すると驚いたことに、自分のことをものすごい見ててくれて、自分のバッティングのことをすごく知っていてくれていた。
それからというものいっしょに練習をしたり指導を受けることが多くなった。
聞かなければ何も言われることはない。
しかし、聞いたらすべて答えてくれる。
今岡誠はそんなコーチだった。
その後、伊藤隼太さんは代打の切り札として、代打打率はチームトップの.316を残したのだ。