野球センスの塊と感じた大谷翔平と石川雄洋が初対戦した時の対戦成績とは!?【元 DeNAベイスターズ】

視聴回数604,303

※ 視聴回数について

ラブすぽ

高卒1年目の大谷翔平との対戦が記憶に残っている石川雄洋さん。
交流戦で場所は札幌ドーム。
4打数1安打だったと石川雄洋さんは記憶している。
バッティング練習を見ていると高卒1年目にもかかわらずスタンドイン連発の打球。
これは野球センスの塊だと感じたことを覚えているという。
プロ野球選手になりたての選手は大谷翔平、坂本勇人、柳田悠岐などを目指して頑張り始める。
しかし、多くの選手はどこかで自分の限界を知る。
だからと言って野球を辞めるわけではない。
自分の居場所、自分の役割を見つけてチームに貢献できる方法を探る。
それが多くのプロ野球選手の現実だと石川雄洋さんは語った。