関本賢太郎がひっくり返った新庄剛志から教わった「プロ野球選手に一番大切なこと」の答えとは!?【元 阪神タイガース】

視聴回数1,175,977

※ 視聴回数について

ラブすぽ

『18歳で味わった新庄ワールドの衝撃!!』
天理高校から阪神に入団してすぐ1年目の春キャンプ。
すでにスーパースターだった新庄剛志に食事に誘われたという関本賢太郎さん。
同期入団の浜中治もいっしょだった。
その食事の場で「君たち、プロ野球選手に1番大切なものは何か分かるか?」と新庄剛志に質問されたという。
答えられなかった関本賢太郎さんは答えを聞いた。
「見えないところでする努力」とか良いことを言ってくれるかと思ったら、その答えは高卒新人選手にはひっくり返るような答えだったという。
「1番大切なのはユニフォームの着こなし」と新庄剛志は高卒1年目すぐの関本健太郎さん&浜中治に伝えたという。
すでにビッグボスの普通ではない面が分かるエピソードだ。
話は変わって、今年から日本ハムの新監督になった新庄剛志だが、関本賢太郎さんは「新庄剛志は試合中にユニフォームを着ないのではないか」と予想する。
理由は「監督はユニフォームを着なくてはいけない」というルールは実はないから。
サッカーの監督のようにスーツを着てベンチで采配をしてもルール上はOKなのだ。
目立つことをやりたい男・新庄剛史が他の監督と同じことをやるとは思えない。
ルールの範囲内で最大限のファンサービスをしてくれるはずだ。