2020年3月の星空情報・天文現象(ベテルギウスがが明るくなる?/金星を見よう!/星団を見つけてみよう!/20日は春分/3月の月の暦)

視聴回数128,862

※ 視聴回数について
(C)NAOJ

国立天文台

2020年3月の星空情報です。
2月に紹介したオリオン座の「ベテルギウス」の最新情報から。
普段の変化よりも暗くなって注目されてきましたが、どうやら再び明るくなりはじめたようです。
大型望遠鏡では外層の変化も撮影され、恒星の進化を調べる興味深い機会となりました。
夕方は、西の空に金星がとても明るく輝いています。
3月の終わり頃には金星と上弦前のまだ細い月が近づきます。
金星も月も明るいため、まだ空に明るさが残るうちから観察できます。
今月は少し暗めの天体にもチャレンジしてみましょう。
西の空に傾いていく冬の星座の一つ、おうし座にあるプレアデス星団(M45)は
和名「すばる」で知られ、肉眼でも6つ程度の星を見分けることができます。
南東に昇ってくる春の星座には、かに座のプレセぺ星団(M44)があります。
淡い星団ですので、空の暗いところでじっくりと目を凝らして探しましょう。
いずれも、集団で生まれた恒星の群れ「散開星団」です。
3月20日は春分。1年間の太陽の移動を24等分して季節の目印にする
「二十四節気」の起点です。
春分の日などの暦は、国立天文台が決定して発表しています。
◎3月の月の暦
3日:上弦、10日:満月、16日:下弦、24日:新月