8月の星空情報・天文現象(天の川を見よう/夏の大三角/土星と木星が見頃/ペルセウス座流星群が極大を迎える/月の暦)

視聴回数1,838,356

※ 視聴回数について
(C)NAOJ

国立天文台

8月の星空情報です。
梅雨が明け、天候が安定する季節になりました。宵の空には夏の星座や明るい惑星が見え、とてもにぎやかです。
街明かりの少ない場所では天の川を見ることができるでしょう。
天頂に近いひときわ明るく輝くこと座のベガ(織姫星)を頼りに、わし座のアルタイル(彦星)、そしてはくちょう座のデネブを見つけることができます。この三つの星をつないだ三角形を、「夏の大三角」と呼びます。
南の空には、土星と木星が明るく輝いています。望遠鏡であれば、木星の衛星を観察することができるでしょう。
今年のペルセウス座流星群の活動は8月13日16時頃に極大を迎えると予想されています。今年は8月15日が満月のため、明るい月明かりの影響はほぼ一晩中続きます。これは、流星を観察するにはたいへんよくない条件です。ただし、13日朝の薄明前のほんの短い時間だけ、条件のよい時間帯があります。月明かりに負けないくらい明るい流星が見られることに期待しましょう。
夏休みを利用して公開天文台の観望会に参加するのも良いでしょう。
◎8月の月の暦
1日:新月、8日:上弦、15日:満月、23日:下弦、30日:新月
ぜひ夜空を見上げてみてください。