2021年9月の星空情報・天文現象(宵の明星を見よう/明るい土星と木星/中秋の名月を楽しもう/9月の月の暦)

視聴回数139,415

※ 視聴回数について
(C)NAOJ

国立天文台

2021年9月の星空情報です。秋めいてきた夜空に、名月が照り映えます。
「秋の日はつるべ落とし」と言われるように、日に日に早くなる日の入り。
そのあとには、まだ夕照の色が残る中でも真っ先に、明るい金星が目を引きます。
西の空で輝く「宵の明星」。10日には、細い月と並ぶ様子が楽しめます。
空が暗くなる頃、南の空では土星と木星が並んで輝いています。
特に木星は、宵の空では群を抜いた存在感を見せています。
23日は秋分。かつての暦で秋の中頃、収穫を祝う季節の訪れです。
いわゆる旧暦の八月十五日の夜に昇ってくる、満月前後の月を愛でる風習は、「中秋の名月」として古くから親しまれています。
今年は21日が中秋。満月となる日の夜に昇ってくる名月です。
〇9月の月の暦
7日:新月 14日:上弦 21日:満月 29日:下弦