2021年7月の星空情報・天文現象(西の空に金星と火星/さそり座を見つけやすい季節/夏の大三角は七夕の星々/土星と木星の見頃はもうすぐ/7月の月の暦)

視聴回数126,064

※ 視聴回数について
(C)NAOJ

国立天文台

2021年7月の星空情報です。夏を代表する星座や、惑星の輝きを見つけてみましょう。
日の入り後、西の空に金星が明るく輝いています。その近くには、2等級の火星がひっそりと隠れており、
中旬には2つの惑星が見かけ上かなり接近します(※)。
地球の両隣、内側と外側を公転する惑星が、およそ1天文単位(約1億5千万km)の奥行きを持って、
同じ方向に見えているのです。
21時ころ、暗くなった南の空で赤い1等星アンタレスが輝いています。
この星を基点として、S字に連なる星の並びをたどってみましょう。さそり座が見つけやすい季節です。
東の空には、七夕の季節を告げる夏の大三角が高く昇っていって、よく目立ちます。
宵のころ低いところに昇ってくる土星と木星の二大惑星は、深夜には南の空で明るく輝きます。
今年の見頃はもうすぐです。
〇7月の月の暦
2日:下弦 10日:新月 17日:上弦 24日:満月 31日:下弦
※2等級ほどの火星は、空の明るさに埋もれて肉眼で見つけるのはかなり難しいでしょう。
双眼鏡や低倍率の望遠鏡があれば観察しやすいでしょう。日の入り前に誤って太陽に向けないよう注意してください。
また、写真を撮影すると確認できるかもしれません。