大竹しのぶ、元夫・さんまを“一刀両断”「家族いないもんね」

視聴回数1,680,872

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

お笑いタレントの明石家さんま(65)、女優の大竹しのぶ(63)が26日、都内で行われた映画『漁港の肉子ちゃん』(6月11日公開)の完成報告会見に出席。大竹が、元夫・さんまをバッサリと切り捨て、爆笑をさらう一幕があった。
 本作は、さんまが、直木賞作家・西加奈子の小説に惚れ込み企画・プロデュースした劇場用アニメ。漁港の船に住む訳あり母娘・肉子ちゃんとキクコの秘密がむすぶ感動のハートフルコメディを描く。
 『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』(2006年)、『海獣の子供』(19年)の渡辺歩が監督を務め、アニメーション制作をSTUDIO4℃が担当。声優キャストには、肉子ちゃん役の大竹、キクコ役のCocomi(20)、二宮役の花江夏樹(29)らが参加している。
 登場するやいなや、さんまは「久々の記者会見。隣に大竹さんがいらっしゃる。これは、再婚したほうがいいんですかね?」と、いきなりエンジン全開。大竹も「最初は『なんで私なんだろう』って思ったんですけど、原作を読んでステキだったし、出来上がった映画が温かい。こんなにいい映画を作る人だったんだ」と笑顔で返し、「(結婚時は)分からなかったの?」(さんま)、「分からなかった!」(大竹)と、息ぴったりの掛け合いに登壇者たちも笑いをこらえきれなかった。
 ファンに向けて大竹が「家族で楽しめる作品だなって…」とアピールした際には、横で聞いていたさんまが「俺の前で家族って言葉を…」とポツリ。これに大竹が「ごめん、ごめん。家族いないもんね(笑)。本当に家族がいない人も、いる人も楽しめる映画になっています」と“一刀両断”すると、さんまは「前は(家族が)あったんやけど…」と自虐気味にこぼしていた。
 会見にはそのほか、Cocomi、花江、渡辺監督のほか、主題歌「イメージの詩」を担当した稲垣来泉も登場。イベント内で、『アヌシー国際アニメーション映画祭』(フランス/6月14日~19日)の「オフィシャル・セレクション:スペシャルイベント」に正式招待され、6月17日・18日にインターナショナルプレミア上映されることが発表された。