SUGIZO、ガンダムとのコラボ演奏に感激「夢がかなった」 宇宙体験に興味も

視聴回数458,127

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

バンダイナムコエンターテインメントは26日、東京・バンダイナムコ未来研究所内で、次世代のエンターテインメントを創造・発信する拠点『MIRAIKEN studio』をオープン。記念セレモニーにSUGIZO(LUNA SEA/X JAPAN)、ヒャダイン、金澤朋子(Juice=Juice)らが参加した。
 バンダイナムコが自社スタジオとして展開する同拠点は、xR技術、リアルタイムモーションキャプチャを完備、巨大で高画質なLEDディスプレイ4面ステージを常設。IPとxR技術・リアルタイムモーションキャプチャ技術を組み合せることによって“まるでゲームやアニメの世界”に入り込んだかのような没入感のある演出を実現する。
 セレモニーではさまざまな機能を体験し、SUGIZOは、xR技術を使用し、宇宙映像やガンダムと融合した映像をバックに“コラボ演奏”を披露。パフォーマンス後に「僕は負けず劣らずのガンダムフェチ。光栄だったし、感無量でした」と白い歯をみせると「子供の頃に夢見ていた未来社会の成果に触れたようで、子どもの頃の夢がかなったような気持ちです」と感激しきりだった。