高畑淳子、イベント終了後にワクチン接種へ「生きて帰ります!」報道陣に笑顔でジョークも

視聴回数1,823,798

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の高畑淳子(66)が1日、都内で行われた映画『女たち』の初日舞台あいさつに出席。終了後に新型コロナウイルスの“1回目のワクチン接種”を行うことを明かした。
 奥山和由プロデューサーから「このあと、1回目のワクチン接種に行くんですよね?」と振られた高畑は「大変でしたよ、ワクチンの予約を取るのが…」と明かし、報道陣に向けて「何かあったら最後。なのでいっぱい(写真を)撮ってください!」「最後がこの映画の日でよかったと思います」とジョークを飛ばしていた。
 同作は、とある山あいの小さな町を舞台にバブル崩壊後の就職氷河期に直面した女性が、亡くなった親友の遺した養蜂園を継ぎ、自立していくまでを描くヒューマンドラマ。40歳を目の前にした独身女性の主人公・美咲を篠原ゆき子、夫の自死を受け入れられない母・美津子を高畑が演じた。
 高畑と母娘を演じた篠原は、撮影秘話に花を咲かせながら「その時は、役とごっちゃになっていて、撮影中(高畑が)少し怖かったんです。現場で質問されているときも責められているように感じていて…」と申し訳無さそうに告白。これに高畑が「そうだったの? ごめん、お弁当がおいしかったことしか覚えてない」と笑い飛ばすと、「ピースフルですね(笑)」と少し安堵した様子だった。
 コロナ禍のなか、無事に封切りを迎え、高畑は「先日、京都・太秦の撮影終わりに久しぶりに映画館に行きました。スクリーンを前にして座った瞬間に涙が止まりませんでした」と切り出すと「この時期、弱っているのは心だと思います。映画にはその心を強くしてくれる力があります。『女たち』には心を強くしてくれる力があります。観てください!」とアピール。最後には「生きて帰ります!」と笑顔を浮かべながら、ワクチン接種に向かった。
 舞台あいさつにはそのほか、キャストのサヘル・ローズが出席し、LiLiCoがゲスト出演した。