柴咲コウ、真っ赤な衣装を身にまとい「情熱を感じる」

視聴回数478,908

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の柴咲コウが25日、都内で実施されたディズニーの新作映画『クルエラ』の公開直前イベントに登壇。映画の舞台である70年代のロンドンに吹き荒れたパンクロックムーブメントを意識した衣装を身にまとい、ここ最近の心境の変化などを明かしながら、作品の見どころをアピールした。
この日の衣装は「赤」をメインにしているが、実は10年くらい赤のような自己主張の強い色のファッションは避けていた自分がいたという。「みんなに合わせるじゃないけど、社会で生きるために私には足りないも部分あるな、と思って、周りに調和するように、協調性を養いたい時期が10年くらいあった。最近はその反動なのか情熱を感じる色を身にまといたくなって。最近、おうちにいることも増えて、目で色を楽しみたいとも思う。きょうの衣装は、今の気分にぴったりです。(赤は)元気になりますね、。色の効果ってあるんだなと思います」と、ご機嫌な笑顔を見せていた。
柴咲はエマ・ストーンが演じるクルエラの日本版声優を務めている。「本当にこのタイミングでこの映画と出会えてよかった」と語った柴咲。