田中泯の言葉がぐっとくる!「まともに常識と向き合う」

視聴回数1,303,488

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の柳楽優弥、田中泯らが26日、東京・浅草で行われた映画『HOKUSAI』(28日公開)公開直前ヒット祈願報告会イベントに参加。1年越しに公開となった同作についての思いを語った。
九十年の生涯で描いた作品は3万点以上、代表作「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」は、新千円札のデザインやパスポートに採用されるなど、今なお愛され続けている葛飾北斎。ゴッホ、モネなど名だたる印象派アーティストたちにも大きな影響を与え、米「LIFE」誌の“この 1000年で偉大な功績を残した100人”に選ばれた唯一の日本人でもある江戸時代後期の浮世絵師・北斎の青年期を柳楽は演じた。
昨年からのコロナ禍の影響を受け、公開が1年延期となった今作。北斎も「こんな日だからこそ描く」というセリフがあり、それにちなみんだ「こんな時代だからこそ、やり遂げること」という質問に田中は、「常に過程にいる途上で、その先にどこまで行けるか分からないが、いつもと同じように一日しっかりと生きたぜ!」とぐっとくる言葉を発してくれた。