LiSA、ハプニング発生で猛ダッシュ!? 声優・水瀬いのりとワチャワチャな絡みも

視聴回数119,028

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

人気アニメ『ソードアート・オンライン』(SAO)の最新作『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』の初日舞台あいさつが30日、都内で行われ声優の戸松遥、松岡禎丞、水瀬いのり、主題歌「往け」を担当した歌手・LiSA、河野亜矢子監督が出席した。
 『SAO』シリーズは、川原礫氏による小説が原作で、主人公のキリトが、仮想空間への接続機器によってバーチャルリアリティーを実現した近未来を舞台に、さまざまなオンラインゲームを取り巻く事件に巻き込まれる物語。2012年よりテレビアニメの放送がスタートし、第3期まで放送されている。
 今作の映画は、小説『ソードアート・オンライン プログレッシブ』が原作で、アスナ視点で新たな《アインクラッド編》を描いたもの。デスゲームの舞台であるアインクラッド第一層からクリアまでの軌跡を川原氏自らが描くリブート・シリーズとして、キリトが<黒の剣士>となったエピソードや、過去の《アインクラッド》編では語られなかったエピソードが展開される。
 約9年前のテレビアニメ第1期から主題歌を担当してきたLiSAは、「こんなに長く同じ作品と一緒に歩ませていただけることはそんなにありません。家族のような存在です」とシリーズへの愛着を口にし、今作でも主題歌を務めることに「私自身、“帰ってきた”という感じがすごくありました」と喜びを爆発させた。
 最新作について「脚本を読んで、アスナの成長をすごく感じるお話でした」と感想を語り、「私が出会ったアスナは最初から強かったんですけど、こういうことがあってアスナは強くなったんだっていうアスナの弱さを見せてもらったような感覚でした。アスナを応援するというか、アスナ自身が気持ちを駆り立てるような言葉が乗せられたらいいなと思いました」と、主題歌「往け」に込めた思いを語った。